2016年度の「はじまりは正倉院展あるくん奈良スタンプラリーの準備が進んできました。10月22日(土)から11月7日(月)まで「第11回」めの開催です。
秋の「春日大社式年造替・正遷宮」の時期に合わせて、「奉祝バル」を開催します。 11月25日(金)26日(土)の開催です。



2016年10月20日

あるくん奈良スタンプラリー「英文チラシ」が登場です。

近年、奈良の町にたくさん来られている外国人観光客の皆さん、
一緒にスタンプラリーを楽しんでもらいたいと思いながら、
なかなか難しかったのです。

ラリー冊子丸ごと英文にしても、そもそも意味がわからないかも。
ということで、まずは、イベントを知ってもらうと言うことで、
チラシの英訳版を作ってみました。
11th_stamprally_fr_1610_inbound_1016_omote_2.jpg

表でラリーの仕組みを説明して、裏でゴールの場所などを表示。
11th_stamprally_fr_1610_inbound_1016_ura.jpg

まあ、これでお店でラリー冊子の意味を説明するのが楽になるかな。

参考までに、
10月15日のブログに、英文チラシの元になった和文チラシを
アップしていますので、ご覧下さい。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

今年の「ボーナスポイント」3ヶ所はこの目印

中心部からちょっと離れた場所にも立ち寄っていただくと「お得」という意味の
「ボーナスポイント」
冊子の表紙のスタンプ欄左端に「ボーナスポイント もしくは 買物・飲食・宿泊」
と書いているところがありますが、
そこへは、3ヶ所のボーナスポイントにあるスタンプを、ご自分で捺してもらいます。

そのボーナスポイントの目印がこれ
vonus point_hyoji_2016.jpg
側面にこのマークが付いたワゴンの引出しに、スタンプとスタンプ台が
入っています。

ボーナスポイントのスタンプワゴンが置かれるのは、
1)東向北商店街の「本家菊屋奈良店前」
   近鉄奈良駅の北側、奈良女子大に向かう商店街、郵便局の隣り。

2)三条通りショッピングモールの「本家菊屋三条通店前」
   JR奈良駅前の交差点から、三条通りを東へ80m。

3)下御門商店街の「江戸川 ならまち店前」
   餅飯殿・下御門とアーケードを抜け、ならまち大通りの交差点前。

お店の営業時間内は、前にワゴンを出して置いていただきますので、
ご自分で、冊子の指定場所にスタンプを押して下さい。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2016年10月19日

今年の「スタンプポイント」目印はこちらです。

point_hyoji_2016.jpg
今年の「スタンプポイント」表示は、こちらのデザインです。

奈良の町の中で、この表示がある所は、お店の利用でスタンプを捺してもらえます。
ご自分が、ラリー冊子を持っていない場合でも、多くのお店には冊子のストックが
ありますので、「ラリー冊子もらえますか」と尋ねてみて下さい。

あるくん奈良スタンプラリー、今週末の22日からスタートです。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2016年10月16日

今年のラリーは、春日大社式年造替にちなんだスタイルで開催します。

今年の正倉院展は、10月22日から11月7日ですが、ラストの11月6日・7日は、ちょうど春日大社式年御造替の「正遷宮(本殿遷座祭)」「奉幣祭」にあたります。
そのため、ラリーも御造替とタイアップしたスタイルになりました。

1)今年のテーマカラーは、春日大社本殿のような朱色です。01_160925.jpg

2)春日大社と奈良日航ホテルの協力を得て、式年御造替マスコット・白い鹿の「すがちゃん」のオリジナルトートバッグを制作。これに「すがちゃん」ストラップをつけて景品とします。
08_U 160925.jpg

3)また、マップのテーマも「まちなかの神さま」として、奈良の町の地域でお祀りする小さな神社について取り上げてみました。また、まちなかの春日大社ゆかりの場所もご紹介。02_03_160925.jpg

いま、奈良の町には「奉祝正遷宮」の幟が立っていますが、ラリー冊子を持って歩くことで、
より一層、奈良の町を楽しんでいただけるのではないでしょうか。

(サムネイルクリックで、大きな画像が開きます)
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2016年10月15日

いよいよ、10月22日から「はじまりは正倉院展スタンプラリー」始まります。

大変お待たせいたしました。

10月22日(土)から11月7日(月)までの「正倉院展」期間中、
あるくん奈良スタンプラリーが、今年も開催されます。
ラリーチラシ2016

今年のゴールは、近鉄奈良駅前行基広場と、JR奈良駅近く、三条通り一丁目の
「本家菊屋前」との2箇所になります。(三条通りは、土日祝のみ)
ラリーチラシ2016

詳しい情報は、このあと次々と発表します。お楽しみに。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月31日

ラリー景品「正倉院文様風呂敷」デザインの出典は?

今回の景品の「正倉院文様風呂敷」、その図案の出典となる正倉院宝物について
こちらにその名称を掲げていますが、「それなんて読むの?」「どういう意味?」という問い合せが。
左上から順に、解説していきます。
huroshiki_syutten.jpg

*まず全体の「下地」のように使われている文様が「密陀絵皮箱」(みつだえ かわばこ)の文様。http://kirie.pw/?p=137  
「密陀絵」とは、荏胡麻(えごま)の油に一酸化鉛を混ぜて過熱した「密陀油」で顔料を溶き、漆では出せない白色を描いたもの。

*向かって左上の正方形の枠の中が「紅牙撥鏤尺」(こうげばちるのしゃく=ものさし)からの図案。
象牙を赤や緑に染め、それを彫り出すことで、地色の象牙色と2色の模様にする技法。正倉院宝物では、「尺」の他、碁石などに使われている技法です。

「赤地唐草襷唐花文錦」(あかじからくさたすきからはなもんにしき) 
唐草、唐花というのは特定の種類ではなく大陸から渡来した草や花に由来するデザイン。
宝相華(ほうそうげ)文も、唐花文の一種。

「金銀絵漆皮箱」(きんぎんえ しっぴのはこ)は、正倉院宝物にいくつかある
「漆で加工した皮を箱の形にしたもの」に、漆で金や銀の絵を描いたものの図案。
この「花」の形は、特に印象的で、「正倉院文様」としていろいろな形で利用されています。
皮を漆で加工して箱にした物は、今回の正倉院展でも、鏡を収めた容器などが出陳されています。

*中央の上は、「礼服御冠残欠」(らいふく おんかんむり ざんけつ)
聖武天皇などが大仏開眼などの際に着用されたという礼服と御冠。
礼服は正倉院に残っていないが、正倉院宝物の名称としては「礼服御冠」の残欠(壊れて欠けた残り)として、本来の用途を示しています。
この鳥の形の文様も、正倉院のデザインとして広く知られていて、今年、奈良県知事賞として大相撲優勝者に贈られることになったトロフィーの台座にも、螺鈿(らでん=漆に貝殻の内側の光る部分を加工し埋め込む技法)で装飾されています。
http://www.pref.nara.jp/item/132409.htm

*中央の図案は、奈良でよく見るものですね。
「麟鹿草木夾纈屏風」(りんろく くさき きょうけちのびょうぶ)と呼ばれます。
二頭の牡鹿が木を挟んで向かい合う図案は、興福寺南円堂などの「門帳」にも使われていて奈良ではお馴染みのもの。
「夾纈」(きょうけち)とは、古来からの染色技法の一つ。
文様を彫った2枚の板の間に折り畳んだ布を固く挟み、染料を注ぐ。
布が折りたたまれていることから、この図案のような左右対称のデザインとなります。
現代に復元された技法の動画がみられます。
多色夾纈技法の復元

*その下が「夾纈絁幡」(きょうけち あしぎぬのばん) 
「絁」(し・あしぎぬ)は、平織りの絹織物で「つむぎ」の前身とも。
「幡」は、仏教祭祀や神社の祭礼などで用いられ、東大寺の聖武祭などで掲げられるものが印象的でしょう。
2015050214380000.jpg
この写真の東大寺聖武祭で大仏殿に掲げられている「幡」は、昭和大修理落慶法要の際に新調されたものですが、先の動画で「多色夾纈技法の復元」を行っている吉岡染色工房の制作によるもののようです。

*右の二つ「紫檀木画槽琵琶」(したんもくがのそうのびわ)2号、3号ですが、
今回出陳されている「ルイ・ヴィトン?」の絵柄は、第3号の方ですね。
2号の図柄の方が「大柄」のようです。
「木画」とは、文字通り、色合いの違う木材を填め込むことで模様を表わす技法ですが、これらの琵琶の装飾の場合、黄楊や紫檀、黒柿といった「木」の他に、象牙や緑に染めた鹿の角、錫なども使われているとのことです。

huroshiki1510.jpg
以上、今回の景品の「正倉院文様風呂敷」に使われている文様の出典について、その名前と簡単な概要を解説させていただきました。
正倉院展&あるくん奈良スタンプラリーを一層楽しんでいただく一助になればと思います。

posted by あるくん奈良 実行委員会 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月30日

今のところ、正倉院展も「ムチャ混み」ではないようです。

今日で、正倉院展&スタンプラリー始まってちょうど1週間ですね。

この間、奈良国立博物館では「何時間も行列して待って」という混み方には
なっていないようです。
ただ、1日の日曜日には、NHK「日曜美術館」で紹介の予定ですので、
テレビで予習した方が、2日以降大勢見える可能性がありますね。

さて今回のスタンプラリーでは、「正倉院展ポイント」として、博物館の西側
新館への入場待ちのすぐ前にある「読売新聞ブース」でスタンプを押すことが
できます。
ラリー冊子表紙の、9つ並んだスペースの向かって左上端が、その指定位置。

ただ、読売ブースが博物館の出口とはちょっと離れているためか、
「正倉院展行ってきたけど、スタンプ押してないわ」という方が多いです。

で、その場合には半券や持ち物(図録など)で、
「確かに行ってきはった」と思える方には、ゴールで別のスタンプを押してます。


こんな救済処置もありますので、まずはゴール抽選会場へどうぞ。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月24日

いよいよスタンプラリー始まりました。

さわやかな秋の好天の下、正倉院展、そしてスタンプラリー始まりました。

まず一つはおわびです。
ラリー冊子の、4,5ページ商店街マップで、東向商店街の「ダイソー」
さんがスタンプポイントにあがっていますが、今回、ダイソーさんでは
スタンプの押印はありません。(作成時の確認ミスのようです)
ご迷惑をおかけしますが、どうか他のお店のスタンプをご利用下さい。

今朝から、もう何人か「正倉院文様風呂敷」が当たった方がおられます。
「この模様、正倉院のどんな宝物からのデザインかな」という疑問に
お答えするために、
奈良女子大学特任教授 藤野千代先生からの「出典説明」が届いてますので、
ご覧下さい。
huroshiki_syutten.jpg
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月23日

あるくん奈良スタンプラリー、冊子のご紹介6,7ページです。

06_07_150919.jpg

今回、商店街ページのエリアが広がったことで、広告の掲載がこちらになりました。
広告掲載のお店については、こちらのページにも、スタンプポイントとしてご紹介しています。

奈良町&奈良公園の見どころを網羅したこちらのページ、
もとは商店街エリア外の宿泊施設(宿泊でスタンプ2個)をご紹介するページですが
便利な「ぐるっとバス」と、お得に文化施設が回れるチケット「GURURI」もご紹介。

100円で奈良公園や平城宮跡を便利に回れる「ぐるっとバス」は、
土日祝日の他、ラリー期間中は平日も運行されます。

「バス」と「パス」がややこしいですが、文化施設周遊パス「GURURI」は、
五つの有料施設が、600円でぜんぶ回れるパス。(購入は各施設で)

秋の奈良を楽しむための、便利な冊子、
JR&近鉄奈良駅や、博物館読売ブースの他、参加各商店・ホテルで手に入れて下さい。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月22日

スタンプラリー冊子、4,5ページは「商店街マップ」です。

2012年の冊子から、スタンプポイントの商店街参加店を表示したマップは、
中央見開きの4,5ページに定着しました。

古来から奈良の地図では「東=春日山が上」ですが、このページはそれを踏襲。
北が左端で奈良女子大学、南が右端でならまち大通り
東の猿沢池が上端で、西のJR奈良駅が下端になっています。

毎回、びっしりとお店が並んでいる様子が一目で分るマップですが、
今年は、ちょっとこのページにも変化が。
04_05_150917.jpg
2,3ページの記事になっているTV番組「ごぶごぶ」で、椿井市場が登場したことから、
今回、その周辺の椿井エリアのお店にも参加してもらいました。

このあたり、女性オーナーの個性的なカフェが、7店も今回のスタンプポイントとして参加。
老舗呉服店や、話題の「蚊帳ふきん」のお店、鰻の名店に、辛ーいカレーのお店も参加です。
正倉院展からならまち巡りの「一休み」として利用してみてはいかがでしょう。


posted by あるくん奈良 実行委員会 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月20日

冊子の2,3ページ、もう一つのテーマは「テレビのロケ地」

02_03_150917.jpg

3ページの右端に、今年の6月に放送された二つのテレビ番組のロケ地を掲載。

NHK「ブラタモリ」#10「奈良発展の秘密は段差にあり」では、タモリさんたちが「経巡った」ラリーエリア内のあちこちを、写真とマップ、そして「段差」の矢印でご紹介。
 今回の「ゴール」のある東向商店街などは、この番組でずいぶんと有名になりましたが、「ならまち」高御門町とともに、実際に現地を歩いていただけば「なるほどこういう坂道だったのか」と、ご確認いただけるようにしました。


MBS毎日放送「ごぶごぶ」6月2・9日放映分は、関西限定・深夜の放送でしたが、知る人ぞ知る奈良で最古・かつ唯一本来の形で残る「小売市場」の椿井市場などを、浜田雅功と田村淳の二人が、「笑い飯」哲夫=奈良国立博物館文化大使=に案内されて訪ねたもの。
 彼らが訪れたうち、椿井市場・中華「大廣」東寺林「ぷちまるカフェ〜」中新屋「菊岡漢方」の三つのお店は、今回のスタンプポイントとして協力いただいていますので、ぜひ飲食やお買い物でお立ち寄り下さい。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

今年のスタンプラリー冊子、中味を少しご紹介。

 表紙をめくって、2,3ページは、テーマが「イケメン」ということに。
「あそこの店長、かっこええねんで」という、巷の噂を形にしてみたらどうやろということで、
自薦、他薦さまざまに、商店街のお店の「イケメン」を集めてみました。

但し、あくまでも主観ですので、
「実物見たけど、大したことないやん」というクレームは、どうかご勘弁いただきますように。

02_03_150917.jpg

 さて「人間のイケメン」もええけど、奈良なんやから「仏様のイケメン」は、どんな具合かと、畏れ多くも仏像のイケメンも選ぼうという話に。
 こちらは、あまり知られていない仏様も多いことだから、ちゃんと見ている人が評価を、
ということで、「なら・観光ボランティアガイドの会“朱雀”」の役員さんたちにお願いしました。
 ラリーマップのエリアの中にいらっしゃる仏様(奈良国立博物館含む)から、十数体の仏様をチョイスして、ボランティアガイドの役員さんたちに投票していただきました。
 冊子には、トップ4体(3・4位は同数)の他、それ以外に票の入った方々含めて、全11体のお名前を掲載していますので、拝観のご参考にどうぞ。
(2,3ページ、6,7ページに、イケメン仏像さまの居られる場所が表示されています)
 なお特定日時のみの公開で、ラリー期間中には拝観不可の仏様も居られます。
あしからず、ご了承下さい。

 <「仏像さまランキング」が「ラインキング」になっちゃってます。 <_o_> すみません>  
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2015年10月19日

いよいよ秋本番、「はじまりは正倉院展スタンプラリー」が始まります。

第10回の「あるくん奈良まちなかバル」も無事に終り、アンケートを記入いただいた方の抽選、
景品発送
も終りました。

いよいよ今週末からは、秋の奈良の本番「正倉院展」が始まります。

そして、「あるくん奈良スタンプラリー2015」も、
正倉院展と同じ期間の10月24日(土)から11月9日(月)まで開催いたします。

すでに、ラリーマップの冊子も完成、配布をはじめております。

ということで、表紙と裏表紙をご覧下さい。01_08_150921.jpg

奈良の町なかの買物や飲食・宿泊で、スタンプ3つゲットで1回抽選はこれまで通りですが、

1)今回の「スタンプラリー」では、あの「正倉院文様風呂敷」が、新デザインで復活しました。

2)ゴールは、これまでの2ヶ所(近鉄・JR)から、「南都銀行本店前」(三条通・東向角)に変更。
 両駅前では、これまでのように冊子の配布を行います。(午前中)

3)正倉院展会場の奈良国立博物館では、「読売新聞特設ブース」で、無料のスタンプが押せます。
  (冊子のうちで、押せる場所は1ヶ所だけです)

4)商店街の中の3ヶ所で、同様にお買い物なしでスタンプの押せる「ボーナスポイント」を設置。
  (ボーナスは、1回の抽選で一つのみ有効です。ボーナスばかり3個では抽選できません)

 ボーナスポイントは、下記の通り。(それぞれ営業時間内に限ります)
    三条通ショッピングモールの「鹿野」
    下三条商店街の「下三条郵便局」(土日祝日はお休みです)
    花芝商店街の「ベニヤ書店」(日曜休み)

※冊子コンテンツについては、後ほど改めてご紹介します、お楽しみに。
    
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2014年11月02日

正倉院展も、あるくん奈良スタンプラリーも半分過ぎました。

昨夜から今日に掛けて、ちょっと天気が崩れた奈良の町ですが、
正倉院展を始めとして、さまざまな行事に大勢のお客様が来られています。

国宝の仏像が建ち並ぶ、興福寺 北円堂の特別公開は11月9日(日)まで、
普段はみられない東金堂の「後堂」特別公開は11月24日(月祝)まで。

一方、食の祭典「シェフェスタ奈良」は、県庁前登大路園地で明日が、
最終日となります。

県庁すぐ裏の県立美術館の「大古事記展」は12月14日まで開催中です。

また少しエリアが離れますが、
平城宮跡では「秋の平城京天平祭」が11月9日まで行われています。

正倉院展の混雑具合を睨みながら、奈良での楽しい時間を過ごして下さい。
(混雑状況はこちらでご確認下さい。携帯サイトもあります。)
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2014年10月26日

あるくん奈良スタンプラリーの「オキテ」

正倉院展と同時に開催のスタンプラリーも今日で3日目が終りました。

久々の平日初日となった24日は、出足が遅かったようですが、
今日は、夕方のゴールポイントに行列ができるなど、
スタンプ集めも盛り上がってきているようです。

駄菓子菓子、否、だがしかし、スタンプ集め熱中のため掟破りというか
無理無体なケースもありましたので、あらためてご確認したいと思います。

1)お一人様1冊に限らせていただきます。
奈良のまち歩きに持ち歩いていただけるのは、お一人1冊です。
お一人で、何冊も持ち歩いて、スタンプを要求するのはアウトです。

冊子の配布では必要なだけお渡ししますが、
お店で、スタンプのために出せるのは1冊だけです。

2)お店で押せるスタンプは一つだけです。
宿泊では2個押せることになっていますが、
お買い物、飲食で押せるスタンプは1冊に一つだけです。

たくさん買物したから、たくさん押してというのはアウトです。

さっきの買物で押してもらったけど、もう一度買うからもう一つ押して、
というのも、同様にアウトです。

3)グループでは、それぞれに一冊お持ち下さい。
何人かで1冊の冊子を持って、「私の分一つ、この子の分一つ」と
スタンプを要求される方がありました。

これも、アウトです。
原則、別の方の分は、別の冊子に押すことになっています。

  ************
あるくん奈良スタンプラリーは、大売り出しではありません。
「あるくん奈良」とあるように、
奈良の町のあちこちを、少しでも多く回っていただくためのイベントです。

なので、一つのお店で、たくさん買っていただいたり、
一つのお店に、一度にたくさんのお客様に来ていただいたり、
ということは目的にしていません。


できるだけ数多くの店を回っていただいたり、
ガイドポイントを回っていただいたりということを望んで実施しています。

どうかご理解いただきますようお願いいたします。

ゴールの抽選会場では、マップ冊子のスタンプページに、
宿泊以外で複数の同じスタンプが押されていても、
1個だけしか有効として扱われませんのでご注意下さい。

posted by あるくん奈良 実行委員会 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2014年10月25日

スタンプラリー「音楽の広場」を土日祝に開催します。

昨日の正倉院展初日、例年と違って金曜が初日ということで、
館内はかなりゆったりとした状況だったようですね。

今日からは、興福寺で東金堂につづいて北円堂の特別公開がはじまったり、
いよいよ「秋のトップシーズン」に突入ということでしょう。

今年の「あるくん奈良スタンプラリー」では、ブラッシュアップ企画として
ゴールの近鉄行基広場、JR奈良駅で「音楽の広場」を開催します。

期間中の土日祝に、正倉院展にちなんでエキゾチックな楽器の演奏が行われます。
        近鉄            JR
10月25日 シタール           ひちりき
10月26日 シタール           二胡
11月1日  シタール           二胡
11月2日  二胡             二胡
11月3日  二胡             二胡
11月8日                   ひちりき
11月9日  カヌーン           ひちりき

演奏は、いずれも13:30から17:30の4回、各15分程度となります。
どうぞお楽しみに。  
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2014年10月24日

いよいよ、2014年の「あるくん奈良スタンプラリー」始まりました。

今日、10月24日から奈良国立博物館での、第66回正倉院展 と同時に、
あるくん奈良スタンプラリーがスタートしました。

今年は、両陛下の傘寿を記念して、例年より少し長い20日間の開催となり、ラリーも
同様に20日間となっています。
(通常、土曜日から月曜日までの17日間ですが、今回は金曜日から水曜日まで)

奈良のまちなか=ならまち、きたまち、商店街エリアのいろいろな情報を掲載した
ラリー冊子を無料配布し、スタンプポイント(買物・飲食・宿泊)
ガイドポイント(博物館前・観光センターときたまち、ならまち各2箇所)で、
スタンプを集め、3個で1回ガラポン抽選(空くじなし)ができます。

景品について、詳しくはこちらをご覧下さい。

さわやかな秋の奈良の町を、ラリーマップ片手に楽しく歩いて、そして抽選。
ゴールの抽選会場は、昨年同様、JR奈良駅(2F改札前)と近鉄行基広場です。
抽選は、朝9時から夕方6時まで。お一人様1冊のラリーマップ冊子で、3回まで抽選できます。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2013年11月14日

あるくん奈良スタンプラリー2013、終了しました。

今年のあるくん奈良スタンプラリー無事終了いたしました。

10月26日から11月11日まで、正倉院展と同じ日程で、
ならまち・きたまち・商店街と
奈良の町の魅力を感じとっていただけたでしょうか。

17日間で抽選回数は、9200回あまりで、昨年より14%増えました。
近鉄とJRのブースでお配りしたまちなかガイドマップは2万部あまりで、
昨年比105%でした。

残暑が長引いた今年でしたが、
スタンプラリーの始まりと共に、一気に秋が深まり、
ゴール・ブースでは冷たい風が吹き抜けることも多かったようです。

最近では、秋のイベントとして楽しみにしていただく方も多く、
特に今年は「古墳クッション」目当ての方も多かったようです。

ガイドマップは、奈良の情報満載ですので、
ラリー終了後も、どうぞ、奈良の町歩きにご活用下さい。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2013年10月12日

まちなかガイドマップが完成しました。

今月26日から、11月11日まで正倉院展に合わせて開催の、
「あるくん奈良スタンプラリー」

これまで「ラリー冊子」と呼ばれていたスタンプ&マップの冊子ですが、
今回から「奈良まちなかガイドマップ」という名称で
ご紹介することになりました。

現在、各案内所や商店街などスタンプポイントへの配付作業を行っています。

今回は、
奈良国立博物館を起点に「きたまち」「ならまち」それぞれを散策する
モデルコースを掲載、
もちろん、地元発ならではのさまざまなエピソードも満載。

奈良の町をたのしんでいただく中身の濃いマップになっています。

以下に、その表紙と裏表紙をご紹介します。2013まちなかガイドブック1&8
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー

2013年09月13日

2013スタンプラリーのチラシが出来ました。

2013スタンプラリーちらし

ラリー冊子「奈良まちなかガイドマップ」は、もう少し先で配付開始します。

今回は、ガラポンスタイルが復活。

なんと、あの話題の「古墳クッション」も景品として登場します。

どうぞお楽しみに。
posted by あるくん奈良 実行委員会 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆あるくん奈良スタンプラリー